いろいろなサプリ

エナジードリンクに含まれる成分で、選ぶ基準になるものがいくつかあります。もともとはカフェインが含まれいてる商品が一般的でしたが、ノンカフェインの商品も販売されています。その反対でカフェインが強化された商品もあります。
このように、体質によりカフェインを摂ることが出来ない人でも飲むことが可能になってきています。

健康に気を使う人やダイエット中の人などのニーズに応えて、カロリーオフの商品が急速に増えています。
カロリーオフだけでなく、乳酸菌や果物のノニを配合した体に良い素材を使用した個性的な商品もあります。
中でもアルギニンに注目が集まっています。
アルギニンは成長ホルモンの分泌を促したり、脳の血流量を高める効果があると言われています。そのため、生活習慣病の予防やアンチエイジング、脳の活性化などの効果が期待されています。
ただし、有効に摂取するにはいくつかのポイントがあります。

アルギニンは強いアルカリ性なので、クエン酸などで中和することが大切です。
中和せずに摂取した場合、副作用で胃が荒れてしまう可能性があるのです。

さらに、葉酸やビタミンCなどの栄養素と一緒に摂ることで相乗効果があります。
これまでの歴史を振り返ると、次第に個性的な商品が増えてきていることが分かります。
よって、成分やフレーバー、目的などによって、より個人に合った商品を選べる可能性は高まっています。

サプリと水

日本でエナジードリンクの販売が開始されたのは2005年です。最初はバーやクラブなどで取り扱いを始めました。
そして、大手コンビニチェーン店での販売や、CMなどで大々的に宣伝活動を行うようになりました。
その後も、海外で開発されたいくつかのエナジードリンクの販売が開始され、知名度は次第に高まりました。

2008年以降になると、日本で開発されたエナジードリンクも数多く登場しています。
近年は他の商品との差別化をはかる動きが盛んです。成分の配合や素材にこだわった商品も多く開発が進んでいます。
最近では特にカロリーオフの商品が多く見られます。

エナジードリンクは栄養ドリンクとは違い、分類は「清涼飲料水」です。
栄養ドリンクは「医薬部外品」にあたり、滋養強壮や体質改善、栄養補給が目的とされているものです。
しかし、エナジードリンクはそういった分類ではないため、薬事法により栄養補給や滋養強壮といった効能を表示することはできません。

サプリとボトル

エナジードリンクによく配合されているアルギニンとは、鶏肉や大豆、高野豆腐などに多く含まれるアミノ酸の一つです。
アルギニンは、血流改善効果や筋肉組織を強くしたり、免疫力を高める栄養成分です。そのため、アルギニンは、多くのエナジードリンクに配合されている栄養成分となっています。

最近のエナジードリンクは、コンビニエンスストやドラックストアに何種類も陳列されており、医薬部外品から清涼飲料水まで幅広く展開しています。製薬会社、飲料メーカーが鎬を削って様々な商品を導入しています。
エナジードリンクは、タウリンやビタミンB群、アルギニンが配合されたものが多いです。
他者との差別化を図るために、カロリーオフのもの、女性向けのもの様々な生薬が配合されたものがあります。
エナジードリンクは、甘いだから、カロリーが高いとイメージされないためにも、カロリーオフの製品は多くあります。
特に、カロリーが気になる女性向けの製品は、カロリーオフが明記されている製品が多いです。
同じブランドの製品群でもカロリーオフのものカロリーオフでないとのの両方ラインナップされているものもあります。

そんな、アルギニンやカロリーを気にする方向けのカロリーオフのエナジードリンクの類似品、競合と言ったら、サプリメントではないでしょうか。
また、疲労回復効果のある医薬品ではないでしょうか。どちらを飲むのか悩んでいる人も多いはずです。
エナジードリンクの利点は、やはり、いつでもどこでも飲めることがメリットです。サプリメントは、水が必要となったりします。

また、アルギニンなど多くの栄養素が一つの錠剤よりも多く配合できることもあります。
エナジードリンクは、様々な製品があり、それをとりまくサプリメントなど大きな市場です。
それだけ、日本人は疲れているのかもしれません。

カレンダー
2014年12月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031